好きな習い事や進学先を選ばせてあげたい

私は昔、保守的親に育てられてきたので好きな事が全然できませんでした。
母子家庭だったこともあるので金銭的な余裕もなくて苦労して生きてきました。
ですから他の家庭に対して悔しい思いをしてきました。
ですから自分の子供には好きな事をさせてあげたいだ。
では、好きな習い事をさせてあげたいだ。
能力を伸ばすなら小さい頃からのチャレンジが大切です。
もし、子供が興味があるものがあったらお金を気にしないで珍しいことでもやらせてあげたいだ。
習い事をしていると、人に負けない特技など、将来的なものに繋がるチャンスになると思うからです。
次に、好きな進学先を選ばせてあげたいだ。
選ぶ学校で多少、学ぶ事や将来的な問題まで変わってきます。
ですから行きたい学校で学びたい事を勉強させてあげたいだ。
私は母子家庭でお金がなくて、大学は支払いができなくて通信で我慢しました。
授業料が大変だったので何年もかかり卒業式しました。
今でも学歴はコンプレックスだ。
子供にはそんな思いはさせたくありません。
都会にしかない専門学校に行きたいからには、都会にも行かせてあげたいので仕送りもしちゃうって考えられます。
甘いかもしれませんが、子供には自分のようにやりたいことを諦めてほしくありません。
協力できることはしてあげたいだ。子供の身長を伸ばせるのは親しかありません。お求めはこちら

子どもとしてあげたいこと

 子どもが自分で歩けるようになって、言葉を話すようになってからは、毎日どこに連れていけば新しいことを色々吸収して楽しませて言えるか調べていました。お天気のいい日には、公園で気が済むまで遊具で遊んだり、近くの線路では通過する貨物や特急列車など、いろんな種類の電車を見たり、動物園をめぐっては、絵本にでてくる動物の実際を見て遊んでいました。2歳を過ぎると、親子だけでなく友達を探しに近くの公園を多々まわりましたが、子どもの姿を見かけることがなかったので、市のセンターで開催されているイベントに出かけて、おもちゃで一緒に遊んだり手遊びを通して半日を過ごしていました。毎月しかないイベントだと、お友達ができないと思い、いろんなセンターに行って同じくらいの年代の子どもたちを見つけては交流させていました。自分自身が社会人になってから英語でしか通じない相手と話す機会が多くなり、かた結果恥ずかしかったので、子どもはちっちゃいうちから英語に慣れさせたいと思い、教室を調べて通うことにしました。歌を歌ったり、シャボン玉を追いかけたり、先生と共に遊ぶ内容でしたが、同じ年のお友達がたくさんできて意外とよかったと思いました。休日は、自然とふれあうことを大切にしたいと思い、海や山にそれほど連れていきます。スタディサプリの口コミ評判はすごさ

何でこんなに厄介なの!と思いつつ今日も手入れをする私

父方の遺伝子のせいで、女なのに『ぶっとい』眉毛の持ち主だった私。祖父も父も伯父もまあ、立派なゲジゲジ眉。
(若いころの私の眉毛はデビュー当時の田中麗奈に近かったし、祖父なんて村山富市さんの眉毛の一歩手前…) 続きを読む

愛された記憶

私も主人も小さい頃の家庭環境があまりなかったせいか、家族での思い出などはあまりなく、物寂しい昔でした。それで子供が生まれた時、二人で決意したんです。「この子に同じ思いは絶対終わらす」と。それで我が家では休日はきっちり家族で過ごすことにしています。当たり前のことかもしれませんし、小学生ほどまでのことかもしれないのですが、これがわれわれ夫婦にとってはひどく肝なのです。お金をかけないレジャーも、虫をとったりサッカーしたり…すると何かしたらハプニングがあったり笑いがあったり。そこから子供において「忘れられない思い出」が生まれたりするんですよね。いつか家族で集まった時、あんなことあったよね、あのときお母さんこんなだったよねと笑い合えるエピソードがたくさん出来たらいいなという考えられます。そうして私がいつも子供としてあげたいのは「たくさん褒めること」「愛情をよく口に出すこと」。やはり悪いことをしたら叱りますが、基本的にいいなと感じたことは大袈裟に褒めますし、毎日世界で一番大好きと伝えていらっしゃる。私は褒められなれていないせいか、自信を持てない大人になってしまいました。断然たくさん愛情を与えられてるなと感じる子は、何事にも前向きでPMAがあるんですよね。学生時代、私にはそんな子がはなはだギンギン見えていました。
教科書でする勉強も大事だと思いますが、自分に自信を持つ、そしてたくさんの経験を将来に生かせる人間になって欲しい。「愛された記憶」を次世代にも繋いでくれる、容易い人間になって欲しいなと考えられます。,子供の身長を伸ばせる時期は一般に17歳までです。ご購入はこちら

子供としてあげたいこと

私が自分の子供としてあげたいことは、特に子供のことを信用してあげたいと考えられます。最近はモンスターペアレントなんていう言葉が世にでてきて、過保護な親が多くいるのだという感じております。わたくしも傍にとりまして、たぶん過保護に育てられてきた子供の独力だと思うのですが、親が過保護だということは親が子供を信用していないことの表れものの気がするのです。過保護な親は、この子には未だに早すぎるといった制限を加えてしまったり、怪我をするといった危ういからと行動を抑制させてしまうことが多いかと考えられます。多少のつらい思いや傷つきを知り、そこから何かを学び取って成長していくのが子供だと思っているのですが、きつい思いをさせるのはかわいそう・こんな思いさせたくない。といった親のエゴだけで、そこから我が子が学べることもあるって寛容に見守ってあげられないため子供の成長の機会を奪っているように思うのです。
但し一方で、命に関わるような危険なことや、守るべき規律など然るべきところはちゃんと教える必要があるといった考えられます。
私の子供には、親に囚われた自由のなかで窮屈に生きるのではなく、自分のしたいことを敢然と一般的な常識の範囲の中ですくすくといった行い、成長していってほしいといった願っています。小学生の通信教育はスタディサプリ

エライことは褒めちぎってあげたい

子供には、自信が持てるようになんでも褒めてあげたいとしている。
当然いけないことをしたら叱りますし、躾は厳しくするつもりですが子供が自分の力でできたことはたくさん褒めてやる気を出させてあげた方がいいのだと自分の経験から思うのです。

子供がどんどんそれほど成長するようにって願うのは親なので当たり前なのですが、だからといって怒ってばかりでは馬鹿らしくなってしまうのです。
私は予め勉強も好きでしたし、音楽も大好きでした。
ただし私の両親はつらい人達だったので、褒めてもらえることは少なかったのです。

成功しても、望ましい評価を受けても余りに反応してもらえずはかなくなったのを一心に覚えています。
そしてこれから勉強にも音楽にも興味がなくなりました。
大人になってからは、勿体ないことをしたなと考えられます。

何故ならはなはだ好きだったからだ。
好きなことならドシドシ頑張れるのが子供だと思うので、興味があるものに打ち込めるよう、親がサポートを通じてあげるのが大切だと考えられます。
それで私の子供がもしも、なにかに興味を持った時折背中を押してあげるつもりだ。

そうして成功する度に、大げさなぐらい褒めますね。
そうすることで次も頑張ろうと思えるのです。
子供に自信がつけば、なんとなくやひそひそのことではくじけない子になるでしょう。,http://www.9245.info/

外でたくさん遊んでほしい

私は子どもにはとにかく元気に人一倍遊んで下さい。よく習い事をたくさんさせている人の話を聞くと、正直焦るところもあるんです。我が家は総じて習い事をさせていないので。でも、習い事に時間や体力をとられて、たんまり遊ぶことができないのはお断りな、としてある。確かに習い事で得ることも結構多いし、特定の習い事でないと得られないものもあるというんですが、子どもが自分で考えて遊んだり、友達という交流したりして自由に遊ぶことこそ、子どものうちにたくさん経験しておくことが大事なんじゃないでしょうか。何も、目新しいおもちゃを与えなくても、子どもたちで考えて、自由な発想で遊びを作っていってくれる力が大切なんじゃないかと考えられます。
一際外でたくさん遊んでほしいだ。都会に住んでいると、幼稚園や学校の校庭も小さく、大して走り回れないような気がします。昔のように自然の中で走り回ったり、ちょっぴり危険な遊びをしたり、ということも減ってきました。でも、外で空気をたくさん吸って、少しけがをしてしまうぐらい、元気いっぱいに遊んでくれたらうれしいです。
極力、私も子どもと共に公園に行ったり、近くの道を一緒に散歩したりしながら、自然を感じたり、外遊びの楽しさを伝えるようにしています。,http://www.abilit-amusement.jp/